生きるとはこの世でもっとも稀なことである。大抵の人間は存在しているにすぎない。 =オスカー・ワイルド=

憧れの顔痩せ<中国で観る日本のドラマ>中国人とケータイ

ランダムエントリー
楽天のゴチャゴチャ感とアマゾンのシンプルさ
ギブアンドテイク的献血
年度末出張ラッシュ
ドッドッドリランド
マウントパインドットコムアワード2016
偉大な人
武漢、そして長沙
九死に一生を得る
セカンドマシンの不具合
色々あります

リーセントエントリー
マウントパインドットコムアワード2018
暖冬が嫌いです
結果にコミットする男
カメラって金だな
皇太子殿下と雅子様
中津の唐揚げが今まで食べた唐揚げの中で一番美味しかったです
民間療法
ほっとしました
大病
皮がペリペリ

アーカイブ
マスターアーカイブ

中国で観る日本のドラマ

中国のテレビでも、たまに日本のドラマを放送している。
映画等でもそうなのだが、中国人は、音声が外国語のままで、中国語字幕なのは嫌いなのだろう。大抵の場合、音声は中国語に吹き替えられている。
たまたまだが、最近そういった日本のドラマを観る機会があった。
つまり、ドラマの中で、各日本人役者は中国語を話している。
それを観ていると、違和感を感じた。
日本人はよく礼儀正しいと言われるが、ドラマの中でもしょっちゅう「ありがとうございます」や「申し訳ございません」等の台詞が出る。その事に違和感。

恐らく日本語のまま聞けば違和感はないのだろうが、中国語で聞くと異常に感じるのだ。
それは、中国では、その様な礼儀正しい言葉を聞く機会が少ないからだろう。
中国人は自分の間違いを認めない、謝らない等とよく言われるが本当だ。毒餃子然り。
だから、簡単に謝ったり、丁寧に感謝する中国語の場面が出てくると違和感があるのだ。
この違和感は、山東から広東に出て来た時にも感じた事を思い出した。この場合は違和感ではなく、心地良さだったかも知れない。
広東は香港に面しているせいか、大分前から外国慣れしており、中国では比較的サービスレベルが高いのだ。
外国ドラマの台詞に違和感が無くなった時、中国のサービスレベルもまともになったと言えるだろう。

(コラム)2008/03/02

マウントパインドットコムに一言どうぞ!

18: MpTube HTML5版を久々に更新し、スマホに最適化しました。 2018-01-13T16:46:16+09:00

17: HTTP/2に対応しました。 2017-09-28T05:43:58+09:00

16: 不正アクセスにめげず頑張ってください! 2017-09-22T08:31:26+09:00

15: 不正アクセスから復帰しました。 2017-08-26T21:52:21+09:00

14: ですよね 笑 2017-06-14T06:32:24+09:00


もっと見る



今日の一枚!


99m
大きな地図で見る

私は今ココ!


最新の話題

サイトサーチ

メッセージをどうぞ
お名前

メールアドレス

題名

内容

※全て必須入力です。

ミューチュアルリンク
中国上海ちょっと,うはうは日記
Promised-Land.info
nao0880さんの旅行ブログ
だらっとした駐在生活in深セン
Sun Shine Blog
なま中国旅記録
三国志旅游局

ラボ
QRコード
wtpmj.com

© 2004-2018 (5422days&511articles) WWW.MTPINE.COM All Rights Reserved.