あなたの潜在意識は実際の経験と想像による経験との区別を知らぬため、もし両者が同じ実感を伴うようになれば、あなたは間違いなく自分の願望をこの世界で成就させることができるようになる。 =ロイ・ユージン・デービス=

実は9周年でした<直接民主制と集合知と勇気>才望子

ランダムエントリー
新しい遊び
タイでクーデターが起きたのでトムヤムクンヌードルを食べた
体組成計
液晶が逝っちゃっいました
北がミサイルを誤射
夜。香港
Vineメンバーになりました
万里を行く
説明不要
ブログで稼いで呑みに行った

リーセントエントリー
答え合わせ
無茶振り
コウヴィッド19で中止
目標達成?
43
五輪との縁
重病説
金卡
隅田川下り
静岡に行きました

アーカイブ
マスターアーカイブ

直接民主制と集合知と勇気

「インターネットを使った選挙」、そう言うと、選挙期間中に動画を活用したりする事を想像しがちだが、将来的には家に居ながら投票が出来る様になるかも知れない。
そして、さらにその先には何があるのか。
古代ローマでは、市民全員が投票し、多数決で物事を決める直接民主制の仕組みがあった。人口が増え、領土が拡大するに従って、全員で決める事が難しくなり、間接民主制に移行したが、直接民主制は民主主義の原点である。
現在の日本は間接民主制だ。国民が代表者を選び、その代表者達が物事を決める。
しかし、往々にして世論と行政にギャップが生まれ、人々に不満が溜まる。

だったら古代ローマの様に、全てを国民自身が決めてしまったらどうだろう?
インターネットが普及した現在、直接民主制にする事は難しくない。
現在だって、インターネットを通じて税金の申告さえ出来るのだし、個人認証は問題にならない。
グーグルなら、広告表示を許せば、システムを無料で作ってくれるかも知れない。

インターネットによる直接民主制は一種の集合知だ。全員が考え、決める。議員すら不要になる。
つまり「誰が総理大臣になっても同じ」と言えなくなる。マスコミも世論も、政治家のせいに出来なくなる。
故に、自分に都合の悪い決定から逃げれば、やがて日本が滅びるだろう。結果責任は国民自身が負う事になる。

一票の格差決められない政治
そろそろ決別しませんか?我々主権者にその勇気はあるのだろうか?

(コラム)2013/03/07

マウントパインドットコムに一言どうぞ!

38: ダークモードを切り替え式にしました。右上のボタンから切り替えできます。時間の初期設定も19時~5時にしました。 2021-04-14T21:12:32+09:00

37: メールフォームを久しぶりに更新し、自作のにしました。 2021-04-04T18:11:08+09:00

36: サーバーを移転したため、セキュリティレベルが上がっています。古い端末(iOS 8やWindows XP)などからは弊ページは見られなくなっています。 2021-04-01T09:01:32+09:00

35: フォント設定も少しだけ弄ってみました。 2021-03-23T20:59:56+09:00

34: RSS出力にも対応しました。 2021-03-23T06:37:09+09:00


もっと見る



今日の一枚!


75m
大きな地図で見る

私は今ココ!


最新の話題

サイトサーチ

メッセージをどうぞ
お名前

メールアドレス

題名

内容


※全て必須入力です。

ミューチュアルリンク
中国上海ちょっと,うはうは日記
Promised-Land.info
nao0880さんの旅行ブログ
だらっとした駐在生活in深セン
SUNSHINE BLOG
中国旅行記録
三国志旅游局

ラボ
QRコード
wtpmj.com

© 2004-2021 (6434days&584articles) WWW.MTPINE.COM All Rights Reserved.