何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く。 =詠み人知らず=

セカンドハンドライオンズ<中国病院体験記>台湾パワー

ランダムエントリー
才望子
遊ぶが寄付もする男
中止のお知らせ
謎のトラフィック障害
日本が消えた日
GPRSって何ですか?
営業マンが反省した日
飲み会したよ
史上最大のネタ
備えよ常に

リーセントエントリー
マウントパインドットコムアワード2018
暖冬が嫌いです
結果にコミットする男
カメラって金だな
皇太子殿下と雅子様
中津の唐揚げが今まで食べた唐揚げの中で一番美味しかったです
民間療法
ほっとしました
大病
皮がペリペリ

アーカイブ
マスターアーカイブ

中国病院体験記

風邪を引いて熱が出た様なので、中国の病院に久しぶりに行ってきました。
まずは「掛号」から。看護婦さんに白紙のカルテをもらって、体温測定。37℃で、内科へ。

診察室には誰もおらず、先生を呼びに行きます。他の患者も入って来て、彼らの前で問診されました。カーテンも何もない。

結果、点滴を受ける事に。日本じゃ考えられませんが、中国では簡単に点滴や注射で治療されます。
まずはアレルギー検査の注射をされて、次に薬や点滴液などを買いに行きます。中国の病院は先払いなのです。健康保険はないみたい。今回は180元と結構高いです。しかし、病人に並ばせるとは!ここはちょっときつかったですね。
買った液や針を持って、点滴ルームへ行きます。この点滴ルームはとても大きくて、100個くらいの椅子が並んでおり、皆で一緒に点滴を受けていました。点滴治療は中国ではとってもポピュラーなんだなー、と思いました。でもこれだけ沢山の人民がいたら医療ミスもありそうな?

点滴するにも並ばなければいけません。病院でも「椅子取りゲーム」で疲れます。液がなくなったら針を抜いてもらって終了です。
効果は確かにあるみたいで、一日経ったらかなり良くなりました。
ただでさえ不安な海外の病院。並んだり先払いだったりと、中国の病院は日本のそれとかなり勝手が違います。中国の病院に行く時は、中国人でも日本人でも良いので、誰か知った人に付き添ってもらう事をお勧めします。

(日記)2004/07/25

マウントパインドットコムに一言どうぞ!

18: MpTube HTML5版を久々に更新し、スマホに最適化しました。 2018-01-13T16:46:16+09:00

17: HTTP/2に対応しました。 2017-09-28T05:43:58+09:00

16: 不正アクセスにめげず頑張ってください! 2017-09-22T08:31:26+09:00

15: 不正アクセスから復帰しました。 2017-08-26T21:52:21+09:00

14: ですよね 笑 2017-06-14T06:32:24+09:00


もっと見る



今日の一枚!


99m
大きな地図で見る

私は今ココ!


最新の話題

サイトサーチ

メッセージをどうぞ
お名前

メールアドレス

題名

内容

※全て必須入力です。

ミューチュアルリンク
中国上海ちょっと,うはうは日記
Promised-Land.info
nao0880さんの旅行ブログ
だらっとした駐在生活in深セン
Sun Shine Blog
なま中国旅記録
三国志旅游局

ラボ
QRコード
wtpmj.com

© 2004-2018 (5420days&511articles) WWW.MTPINE.COM All Rights Reserved.